日頃よりPTA活動に多大なるご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。

 子安小学校PTAは、昭和10年に創立された“子安小学校 母の会”が母体となり、その後、“子安小学校 後援会”と合併、昭和23年 “子安小学校PTA”と改称されました。終戦後の物資が少ない時代に、保護者・地域・学校が一体となり、子どもたちが安心して安全に学校生活を送れるよう教育環境の充実に努めてきました。

 昨年はコロナウィルスという世界全体が脅威にさらされる事態が起きました。その結果、学校活動にも大きな影響があり、子どもたちやわれわれ保護者にとっても大きな不安を抱いた一年でした。まだ終息には至ってはいなく依然として脅威は続いているものの、結果的に社会全体では働き方など変わりつつあり、これまで変わらなかった旧来型システムの見直しが進むなど、変化する時期でもあります。

 PTAもこれまでのやり方から大きく変えていくべく、今年度から本人の意思を確認したうえで加入していただく形にしました。PTAの運営も時代の変化に対して、柔軟に対応していく必要があります。昨今では防犯、防災や交通安全への対策、また家族や地域とのふれ合いの場をつくる事に注力してきましたが、今後は、組織の見直しや作業の効率化を進め、ホームページ等を通じた活動内容の見える化をより一層進めていき、保護者の皆様に積極的に参加していただける環境づくりをつくっていきます。

 子安小学校PTAは創立以来、子どもたちが安心して、安全に学校生活を送れるようにという思いをもち、活動を続けて参りました。今後におきましても、保護者、学校、地域が一体となって、子どもたちがこの町で活き活きと育っていけるようサポートしていきたいと思います。

 PTA会員の皆さまにおかれましても、主旨ご理解のうえご協力いただけると幸いです。

横浜市立子安小学校PTA
会  長   蓑田  雅