横浜F・マリノスふれあい親子サッカー教室開催

6月9日(日) PTA主催イベント「横浜F・マリノスふれあい親子サッカー教室」を開催しました。

木村PTA会長の挨拶の後、ふれあいサッカーコーチの皆さんによるプログラムがスタート!

はじめに行われたウォーミングアップでは、ドリブルだけでなく、ボールを手で持ち、足のみを使う運動もありました。

続いての練習では「ボールにたくさんふれる」「ボールを見ないで相手を見る」などプロのアドバイスがありました。複雑な動きに「1、2年生大丈夫?」と心配した宮下コーチに対して「余裕」と頼もしい答えも。

そして、体が慣れてきたところでいよいよ試合開始。1、2年生と3〜6年生に分かれて3分間のゲームが行われました。

低学年チームでは、一生懸命ボールを追いかける可愛らしい姿が見られました。また、自分のチームを応援する様子が印象的でした。

一方高学年チームでは、力強いキックやスピーディーなドリブル、本格的な試合が繰り広げられました。

大人も負けていません。ここが小学校の体育館だということを忘れてしまうほどの白熱した戦いに、コーチから「新校舎を壊さないように!」とのお声がかかる場面も。

最後に抽選会が行われ、サイコロの目を当て、じゃんけんに勝ち抜いた3名には、選手のサイン入りユニフォームが贈られました。その他、参加者全員にマリノスケのメモ帳とサッカー観戦チケットが当たる応募券のプレゼントがありました。

不安定なお天気でしたが、親子で楽しく体を動かし、梅雨空を吹き飛ばすようなさわやかな笑顔が見られたイベントになりました。

ご協力頂きましたマリノスふれあい事業部コーチの方々、お手伝いしてくださった先生方、そして参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました!